創造性教育の先駆者J・P・ギルフォード博士の「知能構造(SI)理論」に基づく「SI」あそび
 私たちは、子どもたちが本来、貧欲なまでに学びたいという意欲と、知的なものに対する

好奇心を持っていることを知っています。この、子どもたちの湧き立つエネルギーを、やがての

学習する力に結びつけることはできないものでしょうか。親や教師の強制からではなく、自分の

目で見、自分の耳で聞き、自分の手で触れ、自分の心で思い、自分の頭で考える。ほかの誰でも

ない自分自身の躍動感を、しっかりと子どもにつかませることはできないでしょうか。知能は、

人間としてたくましく生きていく力です。将来にわたって学び続けていくための器(うつわ)です。

この器を作ること、それが「SIあそび」の願いです。
 
  「SIあそび」のSIとは“Structure-of-Intellect(知能構造)”のこと。急速に知能が発達する

幼児期に、正しい保育理論に基づいた指導によって、幅広い思考力を育てようとするのが

「SIあそび」です。「SIあそび」は、できた・できない(結果)ではなく、自分で気づいていく

過程を大切にします。
(課 外)
プレールーム、カワイ音楽教室、サッカー教室

英会話教室、体操教室、書道教室、バトン教室
amarkhome3.gif